番外編 プラスチックのリペア!(笑)

 本日は、番外編としまして、プラスチックのリペアをご紹介します。

まずは修復前の画像をどうぞ!

これは、私の車のリアモニターのカバーです。

閉まらなくなっので、調べてみると割れていました。

ですが、プラスチックも自分でリペアは可能です。(笑)

使う修復溶剤はこれになります。

商品名がテープで隠れてますね。

商品名は「プラリペア」です。

これを使うと!

こうなります。

このまま色を塗ってもいいですが、おそらく、小さなピンホールがまだ埋まってませんので、完璧な仕上がりにはならないと思います。

もう少し穴埋めをしてあげれば、修復跡が全く分からないくらい、綺麗に仕上げることが出来ると思います。

ブランドバックにもプラスチックは使われていることがあります。

こういう方法で修復はできます、というお話でした。(笑)

下記のラインQRコードでは革リペア技術を用いると、どのように自分に役立つのかなど、ご自身の糧を得るためのヒントをご紹介させて頂いています。

リペアゲームもありますので覗いてみてください(笑)

質問・疑問などお問い合わせもできます。

どうぞお気軽に(笑)

https://liff.line.me/1657038706-JD0YdjeV/landing?follow=%40099ghwla&lp=lb3BcF&liff_id=1657038706-JD0YdjeV
目次